アニメしか観ません

死ぬまでオタク

僕と海鼠

僕はある男と今日もとあるバーで夜を明かしていた。

但し熱いウーロン茶を飲みながら--。 

 

「ほんといいよ、熱いウーロン茶のほうが。ビールだウィスキーだカクテルだなんて、ああいうのは全部子どもの飲み物だよ」

 

こう語る男の本名はわからない。

そうだな、仮に『海鼠(なまこ)』 としておこうか。

 

バーテンの『C』は例によってオネエ言葉を使う--わけではなかった。

なぜ『C』と呼ぶのかというと、単純に本名がわからなかったからだ。

 

 「このバーに閉店時間はないのかな」

僕はCにそうたずねた。 

 「閉店時間なんていう『実存的なもの』は、ありません」

Cは毅然としてこう答えた。

そして半分禿げ上がった頭を指先で軽くこすり、手を洗いに奥に引き下がった。

 

海鼠はホットウーロン茶から柿の種に関心が移ったようで、小皿に盛られた亀田製菓の柿の種をひたすらポリポリかじっていた。

もちろん、ピーナッツが--入っていなかった。 

 「ねえ、ひとつ批評的な話をしてもいいか」

そう海鼠に言って僕はお猪口に熱いウーロン茶を注いだ。

2秒と経たずにお猪口は熱いウーロン茶であふれた。

「なんだい? 批評的な話って」

「俺達が子どもの頃、いちばん印象的なテレビ番組は何だっただろうか?」

「それのどこが批評的なんだよ」

僕は黙ってかぶりをふった。

海鼠は柿の種の皿を空にしてしまった。 

 「そうねえ……」

海鼠は3割ほど真剣な面持ちになって、一呼吸おくと、こう答えた 。

 「1995年から1998年に期間を限定しないか」

「そりゃまたどうしてだい」

「知り合いにこんなやつがいるんだ--。

『1995年から1998年までが人生でいちばん楽しかった』ってやつが」

「そりゃまたなんで」

「夕方のテレ東アニメがびっくりするくらい充実していたからだ、って」

「共感できないよ。都会特有の悩みじゃないか」

しがない地方都市であり、真夜中は歩行者用信号の灯りすら消えているのだった。 

 「『爆れつハンター』……、

 『セイバーマリオネットJ』……、

 『マスターモスキートン’99』……」

自然数を数え上げるように、海鼠はアニメの作品名を読み上げた。 

「それって全部あかほりさとるが関わってるじゃん」

「都会っ子なんだよ。だから我慢が効かないんだ」

「『RCカーグランプリ』」

「出し抜けになんだい、もしかしたら『RCカーグランプリ』が、おまえさんが1995年から1998年の間でいちばん好きだったテレビ番組なのかい」

「アニメを抜きにしたらーーそうかもしれない」

Cが戻ってきた。 

 「人間の欲望というものは恐ろしいですね」

海鼠が空にした柿の種の小皿を見てCは言った。 

僕と海鼠はそれを聴いて爆笑してしまった。

「また柿の種をつぎ込みましょうか?」

「いや、いいんだ」

海鼠はCの申し出を辞退したあとで、さらにこう言った。

「いつかルーレットでも置いてくれないかな」

「こら、日本でカジノはまだ違法じゃないか」

ピンボールのほうがよろしいのではないでしょうか?」

「いや、ルーレットかトランプがいい」

「だからカジノはまだ違法だって」

「金を賭けたいわけじゃないし、酒が飲みたいわけじゃない。でも俺は毎晩ここに通っている」

--Cと僕はそれを聴いて、異口同音に「それは、多分に実存的なテーマだな」という風な趣旨のことを言ったのだった。 

 

夜の端っこが白くなった。

 

管理人様のメモ帳

生奈「会長、なんですかこの箇条書きの紙は?」

如月会長「管理人さんからもらった手紙だよ」

誠「管理人さん? 音無響子さんにそっくりな美人なんですか、その人」

如月「( ‘д‘⊂彡☆))Д´) ボガバギッ」

誠「痛い!! 痛すぎる(´;ω;`)

剛「カミュの『異邦人』の主人公並みに理不尽ですね……」

 

如月「言っておくけど管理人さんは男性です」

誠「チエッ(゚⊿゚)ツマンネ」

如月「軽口を叩かない!💢💢」

誠「ひぃーッ!」

 

乱平「で、管理人さんってどんな人なんですか?」

如月「ヒミツ」

乱平「(;・∀・)じゃ、じゃあ、管理人さんっていう人は、どんな意図でこんな箇条書きを送りつけたんですか?」

如月「桐生くんなら、このリストの作品群が、どんな『属性』のアニメか、わかるわよね」

乱平「そりゃまぁ……95年から98年にテレビ東京系で始まったアニメの一覧で、深夜アニメや『ビーストウォーズ』みたいな海外アニメを抜かしたやつでしょう」

大豆生田「98年ってわたしたちが生まれた年だよ」

乱平「大豆生田、俺はな、動画を食って生きてきたんだ

大豆生田「???」

 

乱平「でもおかしいですね、重要な作品が抜けています。例えば『新世紀エヴァンゲリオン』とか--、

 あ!

大豆生田「ヽ(;゚д゚)ノ ビクッ! 突然どうしちゃったの」

乱平「わかりました、これはつまりこういうことなんですね」

生奈「どういうこと?」

乱平「このリストは、『95~98年開始のテレビ東京系アニメ』から『深夜アニメ』を抜いて、『海外アニメ』も抜いて、そしてさらに『管理人さんが住んでいた地方でも放送されていたアニメ』も抜いたリストなんですね」

誠「ちょちょっと待った!! エヴァポケモンが全国で放送されていたのは流石にわかるけど、管理人さんなる人の地元では『少女革命ウテナ』すら放映されてなかったんか!?」

如月「管理人さんは頑強にそう言い張っているわ」

誠「言い張っている、じゃ納得できませんなあ」

如月「妥協しなさい」

 

・そのリストの続きの手紙にはこう書かれてあった

このリストから抜けてる作品は、数えるほどしかないけど、有名な作品が多いからチェックしておいたほうがいいと僕は思うよ!

 

乱平「ほんとうに『ナデシコ』とか『カレカノ』とか、”抜け”は数作品しかありませんね。こんな土壌ではヲタは育たない--」

如月「ところが管理人さんは、地元に出戻りしたいまのほうが、東京時代よりもアニメライフが充実しているそうよ」

乱平「なんですか、その生臭い話は……(;´Д`)」

 

『距離だよ、距離』

 

生奈「え!? 何、今の声!? 変なところから聞こえてなかった!?(;´Д`)」

誠「山口勝平がダミ声になったみたいな声だったな」

生奈「は!? 何その微妙すぎてだれもわかんない比喩!?

(;´Д`)」

剛「それより前回も変な声がしてた覚えが」

誠「たしかに」

生奈「『たしかに』じゃないよ! なんであんたそんなに冷静なの!? ((((;゚Д゚))))」

 

『距離だよ、距離』

如月会長・生奈・剛・誠・乱平が選ぶ「秋アニメ、この1本」

如月「えー、こんなお便りが届きました」

 

『秋アニメ』でオススメの作品を教えてください。

ここでいう『秋アニメ』とは、10月改編期に始まったアニメのことです(9月末開始みたいに少しずれていても構いません)。

 

ただし、条件があります。

 

・2007年以降の作品であること

・2クール以内であること

 

剛「なんで2007年以降なん?」

誠「近年の傾向が知りたいのと、古すぎるのは探しにくい、ってのがあるんじゃないの」

剛「( ´_ゝ`)フーン

まぁ2007年っていったら俺ら小学5年生だしな」

 

如月会長の1本:『繰繰れ! コックリさん』(2014年秋アニメ)

誠「えっ……(゜o゜; 会長いきなり『変化球』ですか?」

生奈「このアニメを選んだ理由は?」

如月「広橋涼が主演で平池芳正が監督だから」

誠「はい!?」

如月「広橋涼が主演で平池芳正が監督だから

誠「……ソレダケ!? (´゚ω゚`)」

如月「広橋涼が主演で平池芳正が監督だから

誠ほか一同「……」

 

大野生奈の1本『ガンダムビルドファイターズ』(2013年秋アニメ)

 

剛「あ!! それ俺も頭にあった!!」

誠「なんというわかりやすさ:(;゙゚'ω゚'):」

 

大豆生田はるか「えーっと、どうして『なんというわかりやすさ』なんですか?」

如月「そのうちわかるよw」

大豆生田「じゃあ、あんまり気にしないでw」

 

生奈「これ、1期だけなら2クールアニメだよね?

 いや~、毎週毎週ニヤニヤしながら観てたわよwww」

誠「ウワァァァ! ガノタ特有の生臭さが生奈の周りから!!」

生奈「( ‘д‘⊂彡☆))Д´) ボガッ」

誠「竹刀で殴らないでくれよ!

生奈「ビームサーベルで斬ってやりたい

剛「こらこら、誠、そこは『胡散臭さ』って言わなくちゃ(^_^;)」

 

広島剛の1本:『灼熱の卓球娘』(2016年秋アニメ)

乱平「これまた『わかりやすい』!! 剛先輩らしい!!」

大豆生田「どうして? (´ー`)」

乱平ほか「そのうちわかるよww」

大豆生田「えーっ、わたし気になります」

 

誠「乱平の声が最近寺島拓篤に似てきたような気がする」

乱平「ええええええー、ひどいですよ先輩\(^o^💢)/」

大豆生田「?」

 

剛「まぁ、作画も日進月歩向上しているということで」

生奈「それで去年の作品を選んだのね」

剛「『フリップフラッパーズ』じゃないのかよ! みたいな声がどっかから聞こえて来そうだけど」

生奈「えっどこから」

剛「(´ε` )~」

 

誠「もう、みんな最近の秋アニメばっかやんけ!!」

如月「たしかに2014年→2013年→2016年と来てるわね」

誠「俺は2000年代から選ばせてもらうぜ」

 

薬島誠の1本:『君に届け』(2009年秋アニメ)

君に届け 1ST SEASON BD-BOX [Blu-ray]

君に届け 1ST SEASON BD-BOX [Blu-ray]

 

乱平「え、ええっ!? そこは『けんぷファー』じゃないんですか!?:(;゙゚'ω゚'):」

誠「甘い!!」

乱平「( ゚д゚)」

 

 

乱平「(; ゚д゚)た、たしかに!! オールスター感半端ない!!!!!」

誠「今をときめく小野友樹も出てるんだぜ!!」

 

『まぁ、たとえるのなら、ボートレースのSGの優勝戦みたいな感じかな』

 

大豆生田「えっ!? いまの、どこからの声ですか!?(;´Д`)」

剛「き、気にするな、気にするな(;´Д`)」

 

如月「わたしさっきの声の人とどこかで会ったような気がする

剛「か、会長がとつぜんニュータイプに!!:(;゙゚'ω゚'):

 

桐生乱平の1本:『CHAOS;HEAD』(2008年秋アニメ)

カオスヘッド Blu-ray Box

カオスヘッド Blu-ray Box

 

如月「え!? ええええええええ!?」

剛「正気か、乱平!?:(;゙゚'ω゚'):」

誠「ふ、普通は『シュタインズ・ゲート』選ぶんじゃないのか、そこは(;´Д`)」

 

乱平「いやそもそもシュタゲは秋アニメじゃないし。

 シュタゲとくらべて大きなアドバンテージがあります。

 シュタゲの半分の時間で見れちゃうんですよ、なんと!!!!!」

誠「そこぐらいしか勝ってないだろ!!

 

乱平「いや~5pb関連で思い入れがあるのは断然カオスヘッドなんですよね~(´∀`)」

剛・誠「い、いや、年代的におかしくね!?:(;゙゚'ω゚'):」

 

 

乱平「(ΦωΦ)フフフ…

井上和彦みたいな声で)作画の質の違いが作品の質の本質的な違いでないことを証明してみせますよ」

 

(何かが乱平の顔面に飛んでくる)

 

乱平「痛ェ!!💢

 だれだ俺の顔にアンキモ投げつけた野郎は💢」

 

アンキモ!! アンキモ!!

 

乱平「なにこれこわい:(;゙゚'ω゚'):」

かみさまみならい ヒミツのここたま 第106回/アイカツスターズ! 第80回

出席者

 

 如月会長

 桐生乱平

 大豆生田はるか

 薬島誠

 

ヒミツのここたま

www.tv-tokyo.co.jp

 

 ・番組概要

かみさまみならい ヒミツのここたま【字】【デ】

にんきのスイーツポテトをかいにきたこころとひかりたち。ぎょうれつにならんでいると、まちきれなくなったモグタンとラキたまはこころのもとをとびだしてしまう!?

 

・番組詳細内容

番組内容

◆a『秋のスイーツクッキングだぐぅ』

手芸教室の帰りに人気のスイーツポテトを買いに来たこころとひかりたち。行列に並んでいる間、待ちきれないモグタンとラキたまはこころのもとを飛び出してしまい…!?

◆b『負けるな! ショコランシェ!!』

大好きなりのちゃんのため、ハッピースターを集めようと町へ出たショコランシェ。なかなかうまくいかないショコランシェのため、ライチとひかりも協力することにした。

 

出演者

【声の出演】

 四葉こころ:本渡楓

 ラキたま:潘めぐみ

 メロリー:豊崎愛生

 おシャキ:かかずゆみ

 ゲラチョ:愛河里花子

 キラリス:柚木涼香

 モグタン:村瀬迪与

 

原作脚本

【原案】BANDAI

 

【シリーズ構成】土屋理敬

【脚本】赤尾でこ

 

【キャラクターデザイン】大河しのぶ

 

監督・演出

【監督】新田典生

 

【音響監督】中島聡彦

 

音楽

【オープニング主題歌】

「ここたまハッピ~パラダイス!」

 うた:ERIKA

【エンディング主題歌】

「うたおう♪ここったまーち」

 うた:四葉こころwithここたま9+ライチ

 

【音楽】中西亮輔

【音楽制作】ランティス

(以下略)

※『Gガイド』の「番組内容」から引用

 

桐生乱平「こころちゃんの中の人、『出る』ようになりましたね」

薬島誠「そこそこ『出てる』ね」

如月会長「なにに『出てる』の?」

誠「深夜アニメに」

如月「( ´_ゝ`)フーン」

 

大豆生田はるか「あの、この、四葉こころ役の声優さんの名前って、『もとわたり かえで』って読むんでしょうか!?」

誠「ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、 『ほんど かえで(本渡楓』だよ」

如月(そうだったんだ……)

 

誠「えー昔伊藤かな恵という声優がいました」

乱平「言うと思った!!」

如月「勝手に『過去の人』扱いするのはどうなの!? ヽ(`Д´#)ノ」

誠「冗談ですよ冗談ww」

乱平「いやー冗談でも酷いなーいまのは。

 どうせ『伊藤かな恵は、当初はほぼしゅごキャラ! オンリーだったが、徐々に深夜のオタ向け枠にも進出するようになった』とか言いたいんでしょ!?」

誠「( ゚∀゚)・∵. ズボシッ!」

乱平「で、本渡楓伊藤かな恵を無理やり重ねてみたいと!!」

誠「( ゚∀゚)・∵. ズボシッ!」

乱平「どうも伊藤かな恵を学園祭に呼ぶより伊藤かな恵について誠さんが講演するほうが客が呼べそうですね……(´・ω・`)」

 

大豆生田「日が短くなりましたね」

如月「そうね、もう日没」

 

 オープニング&Aパート

乱平「OPの演出巧いなあ。広島先輩も来れば良かったのに」

大豆生田「あの……このアニメ、もちろん初めて見るんですけど……、『ここたま』って何ですか?

誠「。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハ モグタンが涙を出して喜んでいるww

如月「( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン」

誠「ひぃ~ん」

如月「笑ってないで『モグタン』がどれか説明したら?」

 

乱平「えーっと、公式サイト確認してもいいんですけど、上半身が黄色くて全体的にぽっちゃり気味なのが『モグタン』です。

 で、いま、モグタンと一緒にスイーツポテトを食い荒らしてしまったのが『ラキたま』で、『ここたま』サイドの”主人公”だよ」

大豆生田「『ここたま』を当事者以外の人に見られたらだめなのね?」

乱平「そうね、だからこころやひかり(第2主人公)が外出する時は、こころのカバンとかに体を隠してる」

如月「小5なのに野菜にすごく苦手意識があるのね」

乱平「会長、そこですか……」

 

誠「結局スイーツポテトはどうなるんだ!?」

如月「モグタンの失望ぶりが可笑しいw」

乱平「可笑しいですねw」

大豆生田「笑えるww」

 

Bパート

大豆生田「『おともだち』ってまだあるんですね」

如月「女児アニメ追ってるとCMでよく観るのよね」

 

誠「あ、広橋涼だ!!

 会長、ショコランシェの声、広橋涼ですよ!!」

如月「しってた(*´ω`*)」

誠「よく食いっぱぐれないなあw もうアイカツスターズにも出ちゃえよw」

如月「( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン」

 

乱平「でも確かに広橋涼アイカツスターズやプリパラに出たら面白いことになりますね」

大豆生田「なんでですか?」

如月「えー『カレイドスター』というアニメがありま」

誠「ストップストップ!!:(;゙゚'ω゚'): スナックワールド』が終わる時間までこの人話し続けちゃいますから!!

 

大豆生田「なんか不穏な展開になってきましたね」

乱平「DARKER THAN BLACK ここたま契約者

誠「つまらないオヤジギャグはやめようね💢」

 

誠「うーんでも、苗木野そらの時とは声の出し方が違いますね」

如月「そうね」

乱平「大豆生田、いま、魔法をかけているピンクのここたまが『メロリー』だ」

誠「結婚おめでとう!!」

大豆生田「? ( ^ー^)」

乱平「豊崎愛生はあくまでメロリーの声優だから!!(#゚Д゚)

 

アイカツスターズ!

www.tv-tokyo.co.jp

 

・番組概要

アイカツスターズ!「騎咲レイの誓い!」【字】【デ】

伝説のモデル『シューティングスター』であるレイが、新ブランドの発表会を行う。ブランクを抱えつつアイカツを再開するレイの想いは一つ。そのアツく偽りない想いとは?

 

・番組詳細内容

出演者

虹野ゆめ:富田美憂、桜庭ローラ:朝井彩加、七倉小春:山口愛、早乙女あこ:村上奈津実、香澄真昼:宮本侑芽、白銀リリィ:上田麗奈、二階堂ゆず:田所あずさ、エルザフォルテ:日笠陽子、花園きらら:江口梨子、騎咲レイ:藤原夏海、白鳥ひめ:津田美波、如月ツバサ:諸星すみれ、香澄夜空:大橋彩香

 

音楽

【オープニング】「Music of DREAM!!!」

作詞:唐沢美帆/作曲:南田健吾、蔦谷好位置/編曲:成瀬裕介(onetrap)/うた:せな・りえ・みき・かなfrom AIKATSU☆STARS!

 

【エンディング】「森のひかりのピルエット」作詞:辻純更/作曲・編曲:高橋邦幸(MONAKA)/うた:せな・るかfrom AIKATSU☆STARS!

 

番組概要

トップアイドルをめざしアイドル活動”アイカツ!”にはげむ少女たちのサクセスストーリー!アイドルの一番星に向かって、夢へのスタート!!

(以下略)

※『Gガイド』の「番組内容」から引用

 

如月「ここたまの感想は……」

大豆生田「『ここたま』が皆可愛かったです(*´ω`*)」

如月「よかった」

大豆生田「名前はモグタンとラキたまとメロリーしか覚えられなかったけど(*´ω`*)」

如月「致し方なし」

 

乱平「誠先輩、騎咲レイの声優の『藤原夏海』について詳細、わかりますか?」

誠「日ナレからアーツビジョンのルート通った子だねえ。

少年メイド』の主人公の小宮千尋がいまんとこ有名かなあ」

乱平「ほお、彼の声優だったんですか」

誠「さっき説明した本渡楓さんと同期らしいよ」

乱平「どこの?」

誠「たぶん養成所の、でしょ」

 

大豆生田「あの~、『ニチナレ』ってなんですか?」

誠「声優養成所の『日本ナレーション演技研究所』の略(『日ナレ』)だよ。

 そっかあ、日笠陽子(エルザフォルテ)の下につく役かぁ~!

 ちなみに、この朝からステーキを食ってる変な娘(エルザ)の声優の日笠陽子さんも、『日ナレ』の出身なんだよ」

大豆生田「すごーい、規模が大きい養成所なんですね!」

誠「うん、いろいろあったけどね」

大豆生田「?? ( ^_^)」

 

Aパート放映中

乱平「なるほど、『少年メイド』のあの子の役だったのだら、合点がいくな、レイみたいなボーイッシュなタイプ演るのは」

誠「少年役で伸びていくのかねえ?」

乱平「田村睦心コースですかw」

誠「そういうことw」

 

如月(なーんか上から目線ねえ……)

 

主要キャラの声優について

虹野ゆめ=富田美憂

誠「主演です。『ガヴリールドロップアウト』のガヴリールが有名かなあ。そういえばあれも主演でしたね」

小春=山口愛

誠「『NEW GAME!』のひふみんが有名ですね。もともと(劇団)ひまわりで子役をやっていたそうです」

ローラ=朝井彩加

誠「『響け! ユーフォニアム』だったり、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の早坂美玲*1だったり、作品運に恵まれている印象がある人です。

 あ、本人の実力が足りないとかじゃあありませんよ」

あこ=村上奈津実

誠「この人は情報が足りないですね、あこ以外のレギュラーは持ってないみたいですね」

真昼=宮本侑芽

誠「元子役です。『GJ部』にレギュラー(天使恵)で出ていたとき高校生だったそうです。ちなみに『GJ部』の円盤のオーディオコメンタリーでは、荒川ちか(綺羅々・バーンシュタイン役)とともに、下野紘と対談していましたね」

 

大豆生田「……」

如月「……」

大豆生田「本編、終わっちゃいましたね……( ゚д゚)」

如月「そうね(・ω・`)」

 

*1:テレビアニメ版には未登場

キラキラ☆プリキュアアラモード 第38回

・出席者

 

 如月会長

 薬島誠

 桐生乱平

 大豆生田はるか

 

・番組概要

キラキラ☆プリキュアアラモード【デ】【字】

「ペコリン人間になっちゃったペコ~!」ルミエルの不思議な力で、人間に変身したペコリン。キラパティのお手伝いをしようと、ひとりで買い物に出かけるが…。

・番組詳細内容

◇番組内容

プリキュアシリーズ14作目は「スイーツ」×「アニマル」!

アニマルスイーツでデコレーション変身!

想いのつまったスイーツはわたしたちプリキュアが守ってみせる!!!

◇声の出演

キュアホイップ:美山加恋

キュアカスタード:福原遥

キュアジェラート村中知

キュアマカロン藤田咲

キュアショコラ:森なな子

キュアパルフェ水瀬いのり

ペコリン:かないみか

◇スタッフ

【脚本】犬飼和彦

【演出】芝田浩樹

◇音楽

・オープニングテーマ

『SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード

歌:駒形友梨

 

・エンディングテーマ

『シュビドゥビ☆スイーツタイム』

歌:宮本佳那子

◇制作

ABC

ABCアニメーション

ADK

東映アニメーション

(以下略)

 

※以上、『Gガイド』の「番組内容」から引用 

 

大豆生田「美山加恋ちゃんや福原遥ちゃんがプリキュアの声優なんですね!! (@_@)」

誠「今までのプリキュアだったらあり得ないパターンだったんだ……」

乱平「そうですよね、上二人(=キャストの1番目と2番目)が『ほぼ外部』から来たのは記憶に無いですね」

キュアジェラート村中知
キュアマカロン藤田咲
キュアショコラ:森なな子
キュアパルフェ水瀬いのり

 誠「キュアジェラート村中知は、『ワールドトリガー』の主演声優。

 声ヲタが食いつきそうな名前は、一に水瀬いのり(キュアパルフェ)、ニに藤田咲(キュアマカロン)だよなあ」

大豆生田「あの、森なな子さん(キュアショコラ)ってどんな方ですか?」

乱平「元タカラジェンヌで声優に転向したひとだよ」

大豆生田「めずらし~い! そういう声優さんがいるんですね!!」

 

アバン

大豆生田「ペコリンかわいい……(*´ω`*)」

誠「かわいいなあ……(*´ω`*)」

 

大豆生田「あれ!? ペコリンが小さな子どもになっちゃいましたよ!? (;´Д`)」

誠「あんまりかわいくないなあ(´・ω・`)」

 

・オープニング

大豆生田「これ、ほとんど映画の宣伝じゃないですか」

乱平「プリキュアシリーズの劇場版シーズンはいつもこうだよ」

誠「そしてエンディングは……」

乱平「エンディングは……w」

大豆生田「なんですか? (@_@) わたし気になります

乱平「フルタマンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

Aパート

如月「なんかおジャ魔女どれみのハナちゃんを思い出すわね」

誠「ハナちゃんはもうちょっと可愛かった気がしますよw」

如月「そうね」

 

乱平「ペコリンがひとりで買い物行くのはまずくないか?」

誠「『はじめてのおつかい』みたいなハラハラ感があってええじゃないか」

乱平「また微妙に懐かしいテレビ番組の例を……」

 

乱平「スーパーの店員さん(*´Д`)ハァハァ」

誠「乱平の年上女性萌えが発動してしまったよ」

大豆生田(女子大生なんか眼中にないのかな……)

 

大豆生田「なんかツッパリみたいな敵が出てきましたよ!?」

乱平「アイキャッチがないのか、珍しいな」

如月(そういうところが気になるんだ……)

 

Bパート

誠「生奈は福岡でホークスの応援に行ったから仕方ないとして、剛はなんできょう欠席なんだろう」

如月「尿管結石で欠席だって

誠「なんですかそのダジャレみたいな理由は……(;´Д`)」

乱平「ここの挿入歌、面白いなあw」

 

大豆生田「なんかペコリンを中心にして『フルーツバスケット』やってるみたいですねw」

如月「漫画じゃない方の『フルーツバスケット』ねw」

乱平「いきなり敵が!」

誠「変身バンクキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

如月「今回は8時50分超えなかったねw」

乱平「そうですねw」

 

大豆生田「なんですかこのツッパリ!? すごく強いですよ💢」

乱平(大豆生田が半ばプリキュアに感情移入してる……)

 

誠「ペコリンが!」

如月「ヤヴァイ」

 

大豆生田「ペコリンが……(((((((( ;゚Д゚))))))))」

乱平「だいじょうぶだよ、デジモンアドベンチャーのパタモンみたいなことにはならないから

誠(またすごく微妙な喩えを……)

 

・ペコリンの必死の防御が後押しして、プリキュアは勝利した

 

大豆生田「『人間に戻られなくなった』だけならよかった(*´ω`*)」

乱平「デジモンアドベンチャーだったらデジタマに戻ってた

誠「だからさっきからその微妙な喩えはなんなんだよ!! (#゚Д゚)

 

如月「あれ、最後のカットが意味深だったわね」

 

エンディング

如月「あら、Gガイド『番組内容』の記述が間違っているわね」

・エンディングテーマ
『シュビドゥビ☆スイーツタイム』
歌:宮本佳那子

 如月「エンディングテーマが変わったから、

・エンディングテーマ
『トレビアンサンブル!!』
歌:駒形友梨、宮本佳那子

  本来はこうすべきだったのね」

 

大豆生田「エンディングも映画の宣伝なんですね! 変わってる!」

乱平・誠「しまった……! :(;゙゚'ω゚'):」

大豆生田「えっ??」

誠「そしてエンディングは……」

乱平「エンディングは……w」

大豆生田「なんですか? (@_@) わたし気になります

乱平「エンディング映像はね、普段は、一味違う趣向を凝らした映像になっているんだよ」 

大豆生田「えっ、ますますわたし気になります!

乱平(なんか大豆生田って千反田えるにどことなく似てるよな)

誠「バーバー桐生wwwww」

桐生乱平「仮面ライダーの話はNGで💢 (#゚Д゚)

魔法使いの嫁 第3回

 「アニメを考える会」アニメ実況部屋

ふぇぶらり「いるー?」

ポイズン「ノ」

赤ヘル「ノシ」

ナマナ「いる」

 

・ふぇぶらり さんが、Beans さんを、グループに招待しました

Beans「あの……こんばんわ(笑)」

ポイズン「可愛いなあ(*´ω`*)」

ナマナ「( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン」

赤ヘル「ところで乱太郎は?」

ふぇぶらり「みんな、乱太郎くんがinするまでに、さっきうpした『番組内容の引用』に目を通しておいてね」

 ・番組概要
魔法使いの嫁 第3話「(サブタイトルが長すぎるので省略)」
教会の命を受け、エリアスを監視する聖職者サイモン。彼はエリアスたちに、3つの案件を伝える。
そのひとつを解決するため、最果ての地に赴いたチセとエリアス…。


・番組詳細内容
番組内容
この出会いが、世界を変える。
羽鳥チセは15歳の少女。
彼女は帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。
ただひとつ、生まれ持った特別な力を除いて。
そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、異形の魔法使い・エリアス。
悠久の時を生きる魔法使いの暮しの中で、チセは大切な何かを少しずつ取り戻していく…。

出演者
(羽鳥チセ)種崎敦美
(エリアス)竹内良太
(ルツ)内山昂輝
(シルキー)遠藤綾
(アンジェリカ)甲斐田裕子
(サイモン)森川智之
(セス)諏訪部順一
(リンデル)浪川大輔
(ミハイル・レンフレッド )日野聡
(アリス)田村睦心
(ティターニア)大原さやか
(オベロン)山口勝平
(カルタフィルス)村瀬歩

スタッフ
【原作】ヤマザキコレマッグガーデン刊)
【シリーズ構成/監督】長沼範裕
【脚本】高羽彩
【キャラクターデザイン】加藤寛崇
CGIディレクター】須貝真也
【音楽】松本淳一
【アニメーション制作】WIT STUDIO

音楽
【オープニングテーマ】
『Here』/JUNNA
【エンディングテーマ】
『環-cycle』/糸寄はな
※以上、『Gガイド』の「番組内容」画面より引用

ポイズン「種崎敦美が主演ですか……。

となりの怪物くん』から、5年経ってしまった」

ナマナ「みんな『となりの怪物くん』で知ったと思うけど?」

ポイズン「ところで、このあたりの声優、しぶとく生き残ってますよね」

(シルキー)遠藤綾
(アンジェリカ)甲斐田裕子

ナマナ「ずいぶんと失礼な言い方ね」

ポイズン「まぁ、つぶしがきくタイプだとは前から思ってた」

ふぇぶらり「それだけスタッフに信頼されているってことね」

ポイズン「まぁ、そうでしょうね」

 

ポイズン「ところで、ナマナさんは、このアニメをずっと観続けるつもりなん?」

ナマナ「それは今回次第ね。

 あまりにも萌えに寄ってたら次回からこの時間はいないと思う」

赤ヘル「おれは、WITSTUDIOが制作のアニメは原則として必ず観るようにしてるから、次回以降も来るよ」

ナマナ「赤ヘル軍団は残念でしたねえ」

赤ヘル「わざわざ新幹線でマツダ(球場)まで行ったのに…

 ( ;∀;)」

Beans「えーと、『赤ヘル』さんが、広島(剛)さんのハンドルネームでいいんですよね?」

赤ヘル「そうよ」

Beans「本当に新幹線で広島まで行ってきたんですか!?

 すご~い(゚∀゚)」

赤ヘル「負けちゃったけどさ」

Beans「でもカープが『優勝』したことに変わりはないですよぉ」

赤ヘル「ありがとうw」

 

乱太郎「こんびんびん~」

ナマナ「その登場の仕方は!」

ポイズン「乱太郎! てめえ、またペプシストロングショットぶち込んで来やがったな?」

乱太郎「今夜は特別にユンケル~

赤ヘル「ダメだコイツはやくなんとかしないと」

 

Beans「あの~、桐生くんが、『乱太郎』くんですよね?」

ふぇぶらり「そうよ」

Beans「なにか彼に変調でも!?(;´Д`)」

ふぇぶらり「変調というかね~w

 乱太郎はね、カフェインをぶち込んでから、この『アニメ実況部屋』に来るのよ」

ポイズン「Beansよ、『ご注文はうさぎですか?』ってアニメ知ってるか?」

Beans「知りません♪」

ポイズン「まあそうだよな」

ナマナ「ちゃんと説明しないと。

 あのね、『ご注文はうさぎですか?』に、『シャロ』ちゃんっていう貧乏な女の子が出てきてね。

 シャロちゃんは、コーヒーを飲んじゃうと酔っ払った状態になってしまうのよ」

Beans「えーっと、カフェインをとると、人が変わる、ってことですか?」

ナマナ「ビンゴ! (゚∀゚)」

 

赤ヘル「あああ、放送が始まっちゃった」

 

・オープニング

ふぇぶらり「アバンはないのね」

ナマナ「萌え豚好みの絵じゃないですね。これは観続けるかな」

ポイズン「おい、提供に『新潟市』がいるぞww」

赤ヘル新潟県公認アニメですかw」

乱太郎「フライングドッグだからナマナさんと相性はよくなりますね~

ナマナ「ほら、実況部屋で乱太郎は、ずっとこんな感じなの」

乱太郎「ナカタケ~~放送落としたら~~承知しないぞ~

 

・Aパート

Beans「あの、『ナカタケ』って誰のことですか?」

ふぇぶらり「WITSTUDIOのプロデューサーの中武哲也さんのことね」

赤ヘル「こいつはいつもこんな調子でスタッフに無礼な口をきくんだよ、この部屋、この時間だけ--」

ポイズン「WITは今期『鬼灯の冷徹』2期も回してるんだよな?」

赤ヘル「そうね」

乱太郎「こら~タネアツ~~しゃんと喋らんかい💢」

ポイズン「黙れ乱太郎!!(#゚Д゚)

Beans「えーっと、『タネアツ』とは??(@_@;)」

ポイズン「種崎敦美を略して『タネアツ』って呼んでるんだよ。

 こいつは、この部屋、この時間だけは、声優に対しても無礼な口ききやがるんだ」

赤ヘル「おい、今さっき『漫符』入ったぞ」

ポイズン「シリアス一辺倒じゃないんだな」

Beans「あの、『漫符』って、なんですか??」

乱太郎「『サトジュン きんぎょ注意報!』でググレカス

ナマナ「コラコラコラコラ~ッ!(`o´) 『ググレカス』はないでしょう、『ググレカス』は💢」

Beans「ヽ(;゚д゚)ノ ビクッ!!」

 

ポイズン「でも、『漫符』を口で説明するのって、ほんとしんどいんですよね」

ふぇぶらり「そうね。『漫符』が、直感的なものだから」

赤ヘル新潟市のCMキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」

ポイズン「このアニメ関係ないやん!」

ふぇぶらり「しかも、原作者の出身地は、北海道らしく……」

ナマナ「まぁ、おなじ雪国だから、多少はね?」

 

・Bパート

Beans「この子(チセ)、学校の屋上から飛び降りたんですか!?」

ふぇぶらり「まぁ、飛び降りようとしたら、別の世界に来ちゃった、的パターンでしょう」

赤ヘル「このカット(チセが陽の光をモンスターとともに観るカット)は美しいな~」

 

・チセが陽光に魅せられるシークエンス

 

Beans「すごくロマンティックで感動的なシーンでしたね!」

乱太郎「ナカタケならこんなのほんの朝飯前よ

赤ヘルお前は黙ってろ!!

 

ナマナ「でもさ、WITみたいな制作会社が存在してくれて良かったよね」

赤ヘル「うん、さっきみたいなシーンを、Beansがどんどん観てくれれば、『日本のアニメって凄い!』って、言ってくれるだろうね」

Beans「もうすでに『日本のアニメ凄い!』って思い始めてます!

 (*´ω`*)」

ふぇぶらり「Beansの すごい 感動」

ポイズン「毎回必ず会長はカレイドスターネタを出してくる…」

 

赤ヘル「あれ? チセちゃんがぶっ倒れて終わっちゃったよ」

 

・エンディング

Beans「あっという間でしたね! 楽しかったです(*´ω`*)」

赤ヘル「しっかしこのEDは『LAST EXILE』っぽいなあw」

乱太郎「やっぱりGONZOがナンバーワン! やっぱりGONZOがナンバー

赤ヘル黙れ落第忍者!!

 

Beans「(CMを観て)あ、このアニメは知ってます!」

ポイズン「コードギアスか……さすがにこのレベルの知名度になると格が違うんだろうか…(-_-;)

アイドルタイムプリパラ 第30回

出席者

・如月

・誠

・桐生乱平

・大豆生田はるか

 

夢川ゆいは楽しいことやゆめ可愛いもの を想像するのが大好きなパパラ宿の小学6年生。プリパラに行くことを夢見ていると、ある日、大人気アイドル真中らぁらと会う。

 

告知

『おうえんタイム』じっし中!

リモコンの色ボタンで、プリパラアイドルのライブをおうえんしよう!

くわしくは「あにてれホームページ」で!

 

番組内容

#30「ガァララとパックが夢パックン!」

プリパラ恒例のハロウィンイベントがパパラ宿でも開催されるようになった。アイドル達が大勢集まることに目をつけたガァララは、パックにあつまったアイドル達の夢を食べさせようと計画する。みんなの夢を次から次へと食べるパックは、ゆい達も標的にする…。

 

出演者

【声】

 夢川ゆい:伊達朱里紗

 虹色にの:大地葉

 幸多みちる:山田唯菜

 真中らぁら:茜屋日海夏

 

 赤井めが姉ぇ:伊藤かな恵

 赤井めが兄ぃ:諏訪部順一

 

監督・演出

【監督】森脇真琴

【音響監督】長崎行男

【キャラクターデザイン】原将治

 

原作・脚本

【原作】

 タカラトミーアーツシンソフィア

【アニメーション制作】

 タツノコプロ・DONGWOO A&E

【シリーズ構成】

 土屋雅敬

【脚本】

 土屋雅敬

 

(以下略)

※テレビに搭載されている「番組表」機能の「番組内容」より引用。下線は引用者。

 

誠「あぁ、伊藤かな恵の声がきこえる……(;´Д`)」

乱平「剛先輩はどうしたんですか」

誠「カープだよ、カープクライマックスシリーズ

乱平「ああ、プロ野球ですか。なるほど」

誠「そもそもあいつは、プリキュアには熱心でも、プリパラには熱心じゃないんだよな」

乱平「まぁ、作オタらしいっちゃ、作オタらしいですよねw」

大豆生田「どういうことですか?」

乱平「あのね、プリパラのダンスシーンは、3Dなんだよ。

 でも、プリキュアの変身バンクや戦闘シーンは、手描きなんだよ」

大豆生田「手描きじゃなきゃ駄目なんですか?」

乱平「一概に言えないね。

 でも、プリキュアの場合、TVシリーズでも、凄まじい作画が『拝める』ことがしばしばあるからね」

大豆生田「そもそも、『作画』って何なんですか? (^_^ )」

乱平「そ、それは半年くらいかけて、把握していこうね!!

 

如月「あらかじめ、↑みたいに、『番組内容』を引用しておいたけど、こういう『努力』を怠ってるアニメオタク、意外と多い気がしない??」

乱平「あー、ぼくも、『番組内容』はたまに参照するくらいですね。

 何か知りたいことがあれば、例えばプリパラみたいにテレ東の夕方番組だったら、『あにてれ』(ホームページ)に行ってしまいますね」

誠「はっきり言って斬新ですよね、こういう方法は」

如月「そうかもしれないね」

 

伊達朱里紗」とはなにものなのか

乱平「らぁら役の茜屋日海夏はだいぶ他のアニメでも定着してるからいいんですけど、主人公の夢川ゆいちゃんの声優の『伊達朱里紗』は聞き慣れない名前ですね」

誠「こればっかりはネットを頼りにするしかないんだよなあ」

大豆生田「あ!

乱平・誠「な、なんぞ!?」

大豆生田「『おうえんタイム』が始まっちゃった

乱平「そ、そういえば、この番組、データ放送連動番組でしたね……(-_-;)」

 

伊達朱里紗 - 声優データベース

 

誠「『だてありさ』と読むらしい。

 例によって81プロデュース所属」

大豆生田「『例によって』というのは?」

誠「良い質問だね。プリティーリズム・プリパラシリーズは、81プロデュース所属の声優が、必ず主役を務めてきたんだよ*1

大豆生田「81プロデュースってなんですか?」

誠「せ、声優事務所です……(-_-;)」

大豆生田「声優事務所ってなんですか?

誠「( ゚∀゚)・∵. グハァァッ!!

大豆生田はるかの「動機」

宇野如月会長「はるかちゃんと乱平くんは、高校の同級生だったのね」

大豆生田はるか「はい」

桐生乱平「そうっすよ」

 

如月「乱平くんはわかるんだけど……。

 はるかちゃんは、どうしてこんなところ来ようと思ったの?」

大豆生田「『こんなところ』というのは、この『アニメを考える会』のことですか?」

如月「そう」

大豆生田「あの、わたし、アニメについて全く知らないんです」

如月「じゃ、どうして」

大豆生田「『見識を深めたかった』……じゃ、だめですかね? 

 (^_^;)」

如月「それは……珍しいね(;´Д`)」

大豆生田「アニメについて全く知らなかったから、新しいことに挑戦しようと思って」

乱平「10年前だったらありえない動機ですね」

如月「そうよね(;´Д`)」

乱平「なぜ『臭いオタクの群れ』にこんな子が自ら突き進んでいかにゃならんのか。

 まぁ幸いここは少人数サークルなので『臭いオタクの群れ』にはなっていませんけど」

広島剛「そうだね(^^)」

薬島誠「そうだね(^^)」

 

大豆生田「? (´ー`)」

如月「はるかちゃんと乱平くんは98年度生まれよね?」

大豆生田・乱平「はい」

如月「はるかちゃんが最後に観たTVアニメって、なに?」

大豆生田「『ふたりはプリキュア』です」

如月「( ゚д゚)ポカーン」

乱平「( ゚д゚)ポカーン」

 

如月「えーっと、『MaxHeart』も観たのよね?」

大豆生田「いいえ、幼稚園のときやってた、いちばん最初のプリキュアです!!

如月「( ゚д゚)マジデ」

大豆生田「えっ」

 

乱平「会長」

如月「……」

乱平「僕らはどうやらとんだマイノリティのようです」

大野生奈「覚悟していたことね」

剛「仕方ない」

誠「仕方ないね」

 

大豆生田「でも、アニメって、幼稚園で卒業するものじゃないんですか?

如月「特に女の子にとっては、それがマジョリティであることが、いま、よ~くわかりました」

生奈「うんうん」

如月「わたしや生奈は、マイノリティだったと」

 

大豆生田「えーっと、変な理屈かもしれないけど、幼稚園でアニメをいったん卒業したから、もう一度アニメに復帰したかったんです」

乱平「大豆生田よ」

大豆生田「はい、なんでしょう」

乱平「『アニメはオタクのものだ』と思ったこと、これまでの人生で一回でもあったか?」

大豆生田「いいえ

乱平「Σ(゚◇゚;)マジカ」

 

如月「まあ、2000年代生まれの子が『けものフレンズ』を観ているような情勢ーーが、関係あるかわからないんだけど、アニメが子供のものだけでも、オタクのものだけでも、なくなっているのかもしれないわね」

乱平「会長は、95年度でしたっけ」

如月「そうよ」

乱平「じゃあ、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の高坂桐乃と、ほぼ同世代ですか」

如月「アニメ版に限ったら、そうなるかな」

乱平「2010年の時点で、『俺妹』という作品において、新垣あやせや来栖加奈子、つまり高坂桐乃のリアル友達が、オタクやオタク文化--『オタク文化』って言い方、あんまり好きじゃないんですけど--ともかく、そういったものを、とても毛嫌いしていましたよね」

如月「そうね。あやせは桐乃がオタクであることがバレた途端に絶交してしまうほどだったし、加奈子は同級生のオタクの男子を見て『ウザい』と言っていたような記憶がある」

乱平「でも、大豆生田は、桐乃でもあやせでも加奈子でもなかったんですよ、素晴らしいことじゃありませんか!」

大豆生田「???(´ー`)」

如月「(指を振りながら)ナ・イ・ショ」

大豆生田「えーっ、会長、ずるいですよ」

 

 

剛「広島勝ったーー!! (゚∀゚)アヒャ」

生奈「ホークスは劣勢みたいね……(-_-;)」

誠「なんだよやぶから棒に、野球の話なんかして。

 上映会やろうぜ、せっかくみんなが揃ってるんだから」

生奈「なに観るの?

 今期も新番組、腐るほどあるけど」

誠「おれと剛と生奈でジャンケンしようよ、勝ったやつが好きなの選べるの」

 

A:『クジラの子らは砂上に歌う』第1回

B:『ブレンド・S』第2回

C:『ガブリールドロップアウト』第11回&第12回(最終回)

D:『新機動戦記ガンダムW』第15回(Amazonプライムビデオ)

E:『キノの旅(2003年版)』第9回(Amazonプライムビデオ)

 

生奈「えっ、何、この恣意的なチョイスは……(゜o゜;」

剛「適当だな」

生奈「適当すぎ!!」

誠「ヽ(`Д´)ノウルサイナァ! たしかに俺が観たいやつだけど」

剛「さっさと片付けてしまいたいやつが多いだろ💢💢

 特に、CとかDとかEとか💢」

誠「それは否定しないから……( ^ω^)

 とりあえずジャンケンしよう♪」

剛「あーもう、俺が選択肢用意するなら、もっと別なの選ぶのに。

。・゚・(ノ∀`)・゚・。」

 

 

声優について熱く語りすぎて泡を吹く男

f:id:bakhtin19880823:20170927190402p:plain

 

事情聴取 その3

薬島 誠

ハヤテのごとく!
リリカルなのはStS
桃華月憚
神曲奏界ポリフォニカ
マイメロ3期
瀬戸の花嫁
アイマスゼノグラシア
ながされて藍蘭島
かみちゃまかりん
sola
らき☆すた


桐生乱平「僕は、声優オタクではありません。ので、誠先輩が、逐一、◎をつけたアニメについて、『声ヲタ的観点』から説明してもらえますか」
薬島誠「お安い御用でい」
乱平「逆に不安です……」

 

ハヤテのごとく!

誠「伊澄……伊澄……松来さん……!! うううううううう(´;ω;`)」
乱平「バカ!

誠「ひぃ」
乱平「亡くなった声優のことをいつまでも引きずっていたら前に進めませんよ」
誠「それはわかってるつもりなんだ……」
乱平「じゃあ、先輩は、ハヤテやひだまりスケッチをもう一生観ないつもりなんですか?
 それは、スジが通らないことじゃないですか!?
誠「そうね(;_;)」

 

・ハヤテ:白石涼子
・ナギ:釘宮理恵
マリアさん田中理恵
ヒナギク伊藤静
・桂先生:生天目仁美
・西沢さん:高橋美佳子
・伊澄:松来未祐
・咲夜:植田佳奈
・ワタル:井上麻里奈
・泉:矢作紗友里
・理沙:浅野真澄
・美希:中尾衣里

 

乱平「すごい(キャスティング)じゃないですか!!」
誠「でも西沢さんが高橋美佳子だったってさっきまで忘れていた」
乱平「駄目じゃないですか! ヽ(`Д´)ノ」

 

誠「井上麻里奈がさあ」
乱平「はい」
誠「このころ、すごいブレイクしてたんだよね……」
乱平「そうみたいですね」
誠「ハヤテの90分前に同じ放送局でやってた某ロボアニメとか」
乱平「……」

 

乱平「浅野真澄が、こういうポジションの役(朝風理沙)をやるのも新鮮じゃないですか?」
誠「それよりさ」
乱平「えっ」
誠「このころ、確か浅野真澄って、青二プロダクションに移籍したんだよね……」
乱平「何処から?」
誠「たぶん、アイムエンタープライズ
乱平「そんなことまで知ってるん!? 声ヲタやっぱこわい
誠「山本麻里安榎本温子の同僚だったじゃん?」
乱平「わかりません!」

 

魔法少女リリカルなのはStS


なのは:田村ゆかり
フェイト:水樹奈々
はやて:植田佳奈

スバル:斎藤千和
ティアナ:中原麻衣
エリオ:井上麻里奈
キャロ:高橋美佳子

シグナム:清水香里
ヴィータ真田アサミ
シャマル柚木涼香
ザフィーラ:一条和矢

ユーノ/ヴィヴィオ水橋かおり
クロノ:杉田智和

スカリエッティ:成田剣

ほか 兼役多数

 

乱平「なんか特定の事務所系列の声優が多すぎませんか!? :(;゙゚'ω゚'):」
誠「田村ゆかり桑谷夏子がアーツ(ビジョン)からアイム(エンタープライズ)に移籍したのもこの前後だったような」
乱平「いったいその知識が何の役に立つというのか!!
誠「やだなあ。
 役に立たないから『尊いんじゃないの」
乱平「こわい:(;゙゚'ω゚'):」

 

誠「にしても、スカリエッティ(悪玉)の声優って成田剣だったんだ。はじめて知った」
乱平「えっ……?(゜o゜;)」

 

桃華月憚

誠「声優も脚本書いたけどね、コレね、早見沙織の実質デビュー作なのね」
乱平「伊瀬茉莉也喜多村英梨は……」
誠「( ‘д‘⊂彡☆))Д´) ボカーン」
乱平「ひいいいいいい」
誠「馬鹿者!
乱平「やっぱりこの人こわい」
誠「喜多村英梨BLOOD+(2005年)でもう主役張っとるし、もっと言えばBLOOD+以前からおるわ!!」
乱平「なんか口調が変化していませんか?」
誠「伊瀬茉莉也も、ハヤテのごとく! の90分まえにやっとった天元突破グレンラガンの裏番組でプリキュアに変身しとったやろ!?」
乱平「さ、さいでっか」
誠「純な(純粋な)新人は早見沙織だけや!」
乱平「すみません……(-_-;)」

 

神曲奏界ポリフォニカ

誠「戸松遥!!!

 コーティカルテコーティカルテコーティカルテ・アパ・ラグランジェス--( ゚∀゚)・∵. グハッ!!」
乱平「ああ! 誠先輩が泡吹いて倒れた!!」

 

(♪ピーポーピーポー)

 

乱平「それはそうと、ポリフォニカ1期は、とんでもない時間帯に編成されていたんだっけか?」

京都アニメーションを知らない娘たち

f:id:bakhtin19880823:20170927190402p:plain

 

事情聴取 その2

広島剛

グレンラガン

電脳コイル

精霊の守り人

◎ぼくらの

○なのはStS

DTB黒の契約者

おお振り

 

桐生乱平「これはまた、とてもわかりやすい視聴作品の傾向でw」

広島剛「すみませんねえw」

 

大豆生田はるか「あの、どこが、『わかりやすい』んですか?」

剛「いやね、僕の観た作品はね、作画が話題になったり、有名なアニメーターが参加している作品ばっかなんだよ。

 僕は作画オタクなんだ」

乱平「失礼ながら、『ぼくらの』とか、如何にもスタッフの名前の後追いという感じがいたしましてw」

剛「すいませんねえw」

 

大豆生田「??」

 

乱平「『ながされて藍蘭島』とか、後になってみると、なんというか、際立った作画が観られるというか……」

剛「そうだね。『藍蘭島』は○つけても良かったかもね」

乱平「『らき☆すた』に○が付いていないところが、如何にも当時の作スレっぽいというかw」

剛「京都アニメーションは常にシビアに観られるからねw 仕方ないねw」

 

 

大豆生田「??」

 

生奈「はるかちゃん(大豆生田)がついていけてないじゃない💢」

乱平&剛「サーセンwww」

 

大豆生田「あの」

乱平「なに」

大豆生田「京都アニメーションって、なんですか???

 

乱平「( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

剛「( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

生奈「( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

 

大豆生田「えっ……(゜o゜;)」