『あんみつ姫』(1986年)

ばると「第1回『FNSの日』(27時間テレビ)が1987年だったのはわかるんだけど、何月何日放映だったっけ」

京王閣「それは調べました。当時の『TVガイド』や全国紙の縮刷版のラ・テ欄で」

ばると「国会図書館?」

京王閣国会図書館

ばると「も~っ、隅に置けないなあ❤」

 

 第1回(1987年)『FNSスーパースペシャル 一億人のテレビ夢列島』

 

放映日:1987年7月18日~7月19日(土曜夜~日曜夜)

 

ばると「影響を受けたのは『あんみつ姫』『サザエさん』『陽あたり良好!』『愛の若草物語』、このあたりか……

 少なくとも『サザエさん』以外の3番組は、放映が休止されてる」

京王閣「『ゲゲゲの鬼太郎』と『ハイスクール! 奇面組』も、『夢列島』の枠内には入っていないけど、放送休止になってますよ」

 

ばるとのアニメ講釈

FNSの日』の煽りを食ったフジ系土日アニメ(サザエ以外)

 

あんみつ姫』(日曜18時枠)

原作:倉金章介(くらかね しょうすけ)

製作:布川ゆうじ(ぬのかわ ゆうじ)

シリーズ構成:浦沢義雄(うらさわ よしお)

キャラクターデザイン:南家こうじなんけ こうじ) 

音楽:小笠原寛(おがさわら かん)

 

総監督:案納正美(あんのう まさみ)

制作:フジテレビ、読売広告社スタジオぴえろ

 

京王閣「日曜18時って、『まる子』より前にも、アニメ枠あったんですね」

ばると「当たり前だよ。『ハクション大魔王』や『いなかっぺ大将』や『科学忍者隊ガッチャマン』は、この枠で放映されたんだよ」

京王閣「さすがに、生まれてなくても、タイトル名は知ってますね」

ばると「『未来警察ウラシマン』が、土曜の夕方に枠移動して、いったんこのタツノコ枠が終わる。

 アニメ枠が復活して、一番最初の作品が、『あんみつ姫』だったんだ。

 制作会社が、スタジオぴえろに変わっているけど、スタジオぴえろは、タツノコプロから派生した会社なんだ」

京王閣「( ・∀・)つ〃∩ へぇ~へぇ~へぇ~」

 

ばると「原作は相当古い漫画なんだ。作者はとっくに死んでた。

 光文社の『少女』という雑誌で、連載は1949年かららしい。まだサンフランシスコ講和条約の前だよこの国」

京王閣「占領下……ってことですか」

ばると「昭和の少女漫画というよりは、『戦後少女漫画』だな。

 作者は田河水泡の弟子なんだけど、アニメ版『あんみつ姫』の後番組は、田河水泡の代表作であり戦前を代表する漫画作品である『のらくろ』をリファインした『のらくろクン』だったのさ」

京王閣リバイバルブーム……?」

ばると「そうなんだよね。『のらくろクン』の後番組は『ひみつのアッコちゃん』の第2作だし」

 

ばると「総監督の案納正美が他に監督した作品では、ぼくらの世代だと『中華一番!』が印象深い。これも、フジテレビ系アニメだ」

 

案納正美アニメ(一部)

 

 

ノルマ 残り4作品(『陽あたり良好!』『愛の若草物語』『ゲゲゲの鬼太郎』『ハイスクール! 奇面組』)