『赤き血のイレブン』(1970年)

前回のあらすじ

ばるとは、日本テレビ開局記念日に便乗して、『なんだろう』(マスコットキャラ)が登場する前に放映開始した日テレ系アニメで、独自に12作品をピックアップした。

 

ばると「で、最初は『赤き血のイレブン』ね。これ実は原作者梶原一騎なのよね。日本初のサッカーアニメで間違いないんだけど、アニメどころか、日本だと当時はサッカー漫画すらまったくなかったと思うのよね。

 

    前回乱平くんに話したように、大昔にキッズステーションで放映してたのを偶然目にしたことがあったのよ。主人公の名前も忘れたけど。たしか『キャプテン翼』に、この作品の登場人物の名前から拝借したキャラクターがいたとかいなかったとか……」

 

乱平「どっちなんだよ、はっきりさせろ」

ばると「やだw」

乱平「やっぱり帰らせて頂きます

 

研修室から去っていく乱平。

 

ばると「(゜д゜)」

京王閣「引き留めなくていいんですか!?」

 

ばると「京王閣くん……ヴェルディ川崎って、知ってる?(´・ω・`)」

京王閣「引き留めましょうよ乱平くんを!!」

ばると「強かったんだよ、ヴェルディ。初期のJリーグで。今や見る影もない(´・ω・`)」

京王閣「なんでJリーグの話になってるんですか💢

    はやく、乱平くんを!!」

 

ガシャアアアアン

 

京王閣「うぎゃあはああ」

 

京王閣「ま、窓ガラスが粉々だ!」

 

京王閣「……サッカーボール?

 

京王閣「サッカーボールを、誰かが、この部屋目掛けて、蹴り飛ばしてきたのか!?

 

    いったい誰が」

 

赤き血のばると「京王閣くん、ヴェルディ川崎の前身って、日テレや読売新聞の系列みたいなクラブだったよね、『読売クラブ』?」

京王閣「忘れました、あんたがガラスの破片で血だらけになっちゃったから!!」

 

救急車を!!