私的声優名鑑 「日笠陽子」その6

薬島誠「前回も、あなたとの話が大きく横道に逸れた結果、日笠陽子について何も語ることができませんでした。

 ほんとうに、このままでいいんですか!?」

管理人「早くロウきゅーぶ! のはなしがしたい」

誠「○(#゚Д゚)=(  #)≡○)Д`)・∴'.」

 

誠「そんなんだから30歳になっても就職できないんだよ💢💢」

管理人「いやおれまだ20代だから」

誠「ほとんど三十路みたいなもんだろ💢💢💢」

 

管理人「真面目な話する?」

誠「どんな?」

管理人「声優についての真面目な話」

誠「具体的には」

管理人「えーっと、"技術"♥」

誠「あなたが声優の演技について、テクニカルな面から分析できるとは、到底考えられませんが」

管理人「それは誠くん、きみもだろ」

誠「うぅ……」

 

管理人「あのね、ぼく、高校時代、放送部に入ってたんよ」

誠「あんたが!? 信じられん」

管理人「それで、アナウンスとか朗読の大会に出たの」

誠「嘘でしょ? あんた滑舌死ぬほど悪いだろ」

管理人「3年の夏にね」

誠「はい」

管理人「朗読で地区予選に出て」

誠「出て?」

管理人「ひとりだけ落とされたOTL

誠「あ、そーですか(-_-;)」

 

管理人「もっと哀れんでくれよ!!」

誠「残念ながら当然だろうが(#゚Д゚)」

管理人「カネはいらないから同情してくれよ!!」

誠「なにわけのわからないこと言ってるの!?」

 

管理人「でも誠くんは放送部だったわけではないだろう?」

誠「それがなにか」

管理人「声に出してみないとわからないことってあるじゃん」

誠「どういうことですか」

管理人「つーまーりー!!」

誠「あんまり唾を飛ばさないでくれよ!!💢」

管理人「アフレコでしゃべることがどれだけ難しいか、ってのもさぁ」

誠「はぁ」

管理人「例えばNコン*1の地区予選だったり、総文祭*2の地区予選だったり、そういった場で、大勢の人間を眼の前にして、話す。

 そういう体験を経て、初めて声優さんの苦労が身にしみるってもんよ」

誠「まったく説得力がないですね……(-_-;)」

 

 

 

 

 

後日

 

大野生奈「たしかに説得力はないけど、管理人さん、アクセントとかブレス(息継ぎ)とか、そういった技術面にはわりと詳しいような顔をしてたよ」

誠「せめて役者として芝居に出てから発言してくれよ……

(´;ω;`)ブワッ」

 

生奈「まぁ、でも、まったくなんにも知らないよりはいいんじゃあないかな?」

誠「中途半端な知識は管理人さんの身を滅ぼすよ」

生奈「おおげさなw」

誠「地獄から蜷川幸雄を召喚して、管理人さんの顔に灰皿を投げつけて欲しい」

生奈「地獄って、酷いねえ」

 

 

 

そのまた後日

 

生奈「あんた、どうしたの、その眼の怪我!? ( ゚д゚)」

誠「シクシクシク……」

 

誠「地獄から蜷川幸雄を召喚したんよ」

生奈「ウッソでしょお」

誠「うん、ウッソだよ。そのかわり、そこらへんのオッサンに蜷川幸雄のコスプレしてもらって、管理人さんのところに灰皿を投げつけに行ったんよ」

生奈「いろいろとおまわりさんが黙っちゃいないような……」

 

誠「シクシクシク……でも、管理人の野郎、蜷川幸雄(役のひと)が投げた灰皿を野球グローブでキャッチして、大谷翔平も真っ青の豪速球で、こっちに灰皿、投げ返してきたんよ……シクシクシク」

生奈「( ゚д゚)ポカーン」

 

 

× × × × ×

 

ナマナ さんが ログインしました

 

ナマナ:あのー

管理人:ほいほい

ナマナ:ポイズン君が顔に包帯巻いてました

管理人:(ノ∀`)アチャー

ナマナ:あんまり警察沙汰になるようなことはやめてくださいね

管理人:今度の舞台は法廷かな

ナマナ:「何の」舞台ですか……(-_-;)

 

 

次回はようやくこのアニメの話になる予定だよ by管理人

 

ロウきゅーぶ! 6 【初回生産限定】 [Blu-ray]

ロウきゅーぶ! 6 【初回生産限定】 [Blu-ray]